若い女性は最近はファッションとしてタトゥーを入れている人も多いですが、神戸にある多くの脱毛サロンやクリニックに通い施術をおこなう場合は、施術を断られることもあります。

タトゥーがある人は施術を断られることがほとんどです

サロンでおこなうフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛では、メラニンに照射して毛根にダメージを与えたり壊滅させて、施術をおこないますが、タトゥーはメラニンと同じように光やレーザーが反応してしまい、照射すると火傷の恐れがあるので、施術を断る所が多いというわけです。

タトゥーがある人は、カウンセリングの時に施術ができるか確認してみるといいでしょう。

タトゥーがあっても通えるニードル脱毛は強い痛みを感じやすい

しかし、ニードル脱毛ならば、針を使って施術をするので、タトゥーがあっても関係なく施術をおこなえます。ただしニードル脱毛をおこなうサロンやクリニックは最近少ないので、ニードル脱毛で施術をするのは難しいです。

痛みもかなり感じやすいので、痛みが苦手な人には厳しいでしょう。

ほくろや傷がある箇所にも光は照射できません

タトゥー以外にも施術が難しいのは、ほくろや傷がある場合です。

サロンによっては、ほくろや傷がある部分だけを避けて施術をする場合もありますが、中にはほくろにシールを貼って、光を照射するサロンもあります。

脱毛期間中は日焼けをしないように注意しましょう

施術をする前に絶対やってはいけないことは日焼けです。日焼けをして黒い肌になると、光やレーザーを照射すると火傷をしたり、強い痛みを感じることになります。

そのために日焼けをした場合は、ほとんどのサロンやクリニックが施術を断ります。施術後も日焼けをしてしまうと、皮膚トラブルをおこしやすいので、施術後はしばらくは日焼けをしないように気をつけてください。

脱毛とホットヨガのタイミングについて

ホットヨガは一般的なヨガとポーズは全く同じですが、湿度が高く汗をかきやす環境で行うことで、身体が動かしやすくなり、代謝硬化などが上昇するなどのメリットがあります。

自宅で行うことが難しいので、ヨガスタジオやスポーツジムに通う必要があるものの、今まで実践してきたヨガからホットヨガに切り替える人が出ているのはこのためです。

ヨガウェアから見えて気になるムダ毛も脱毛をすればスッキリ解消できる!

すぐに汗ばむ環境で取り組むことになるので、ヨガウェアから体毛が見えてしまうことに不安を感じる人も多いでしょう。

自己処理で腕やひざ下、脇などのムダ毛を処理するとカミソリでケガをしたり、埋没毛になる恐れがあります。

市販の脱毛用のワックス等も低刺激の製品が増えていますが、毛と同時に角質まで一緒にはがれ落ちるリスクがあるので、できれば避けた方が無難です。肌のことを一番に考えるなら、事前にカウンセリングで肌チェックを行い、脱毛しても安全だと判断してから施術してくれる、美容クリニックやエステサロンの方がいいでしょう。

脱毛後1週間は間隔をあけてからいきましょう

特殊な光から発生した熱エネルギーを浴びた直後の肌は、とてもデリケートな状態です。

体温が上昇して血行が良くなると脱毛箇所がむずがゆくなったり、肌が赤くなってしまうので、運動はしないように指導されます。

当然、高温多湿の環境で発汗を促すホットヨガも、お手入れ当日にはしてはいけません。できれば、施術から三日から一週間は間隔をあけた方がいいでしょう。ヨガスタジオに行く日程と脱毛する日を調整しながら両立する姿勢が大切です。