医療レーザー脱毛では、レーザー照射の1週間後くらいから、毛が抜け始めることがあるようです。抜け始めてから1週間後くらいには、ほぼ抜け切ることも多いです。ただ、初回の照射の後だと、すんなり抜けないこともあります。

レーザーの出力を徐々に上げて照射することがある

初回は、やけどを避けるため、レーザーの出力を弱めにして照射することがあるからです。やけどのしやすさは人それぞれであり、やけどにまで至らなくても、肌はある程度ダメージを受けます。

こうしたことから経過を見て、徐々にレーザーの出力を上げていくことが多く、初回はそれほど毛が抜けないこともあります。毛がほとんど残っていて、肌にダメージがなかったときは、次回にレーザー出力を上げることになります。

レーザー脱毛で毛根を焼き切ることができていれば、レーザー照射から2週間もすると、毛は次々と抜け落ちます。

毛周期の関係で抜ける毛にバラつきがあるのは正常

ただ、抜けずに残る毛も点在します。これは毛周期の関係で起こることで、自然なことです。

毛には毛周期があって、成長期と退行期、休止期を繰り返しています。抜け落ちたのは、成長期にあった毛で、その毛根は破壊されましたから、再び生えてくることはほぼありません。しかし、退行期の毛は、毛根が変わらず生きていますから、毛が抜け落ちることもなく、そのずっと後に抜けても、休止期を経て再び生えてきます。

ちょうど成長期にある毛にレーザーを当てるために、ひと月からふた月おきに照射を繰り返すことになります。2年ほどすると、永久脱毛状態になれることが多いようです。

脱毛にはリスクがあります

ムダ毛を抜いたり剃ったりするくらい、自分でもできる、簡単なことだと思っていませんか。決してそういうわけではありません。ムダ毛であっても、毛周期があります。

毛周期は、体毛が生え始めるところから抜けるところまでのサイクルです。放っておけば、体毛は自然と抜け落ちます。

脱毛は、毛周期のサイクルとは関係なくムダ毛を抜く行為ですから、必ずリスクがあります。そもそも、ムダ毛を1本でも抜いてみると、痛みを感じるでしょう。それだけダメージがあるからです。

自己処理の場合も保湿は必ずしましょう

自分でムダ毛の処理をした後に、肌荒れを起こしたことはありませんか。大きなダメージを自分で与えているので仕方がありません。

美容クリニックなどでは必ずアフターケアを行っています。これがとても大事です。冷却ジェルで保湿することが美容クリニックなどでは多いですが、自己処理でも同じように保湿してください。フラッシュやレーザー脱毛の場合は、熱を発生させるので冷却させる必要があります。

自己処理で、フラッシュなどを使っていない場合は、普通のローションなどを使うだけでも大丈夫でしょう。

サロンやクリニックはアフターケアを徹底しているので安全

自己処理で安全にムダ毛は処理しようと思えばできますが、リスクが大きいので、皮膚のことをよくわかっている美容クリニックなどでを利用したほうがずっと安全です。

カミソリで剃るだけでも肌を傷つける恐れがあるので、どんな方法であってもムダ毛の処理にはリスクがあることを頭に入れてください。

安心・安全!アフターケアまでお任せできる神戸の脱毛サロンをみる