医療用レーザー脱毛は、メラニン色素に反応させて脱毛する方法で、美容クリニックのみが施術することができます。美容サロンなどで行う光脱毛(フラッシュ)より短期間で施術でき、効果持続期間も長いと言われています。光が永久脱毛に適さないのに対して、照射された毛根は、ムダ毛の生える元の組織が熱で破壊され、永久に毛が生えない可能性が高く、絶対に永久脱毛できるとは言えませんが、その分、施術料金も高いのが一般的です。

医療レーザーは、主に、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレイザー、YAGレーザーの3種類に分けられ、脱毛の使用する機器の種類も違ってきます。

日本で一番導入されているのは「アレキサンドライトレーザー」

アレキサンドライトレーザーは、日本では一番多く導入されているもので、冷却しながら照射するので痛みも軽減されます。

照射範囲が広くジェルの必要もなく、ジェルによるかゆみやかぶれなどの心配がありません。日本人のメラニンの量の施術に適していて、シミの除去やほくろの除去のも使用されています。

ダイオードレイザーは、波長の変更が可能でありジェルは必要ですが、ある程度日焼けしていても施術が可能なものです。照射範囲も広く痛みも少ないので短期間で処理が行えます。

波長が長く肌が黒い人にも対応できるYAGは痛みがある

YAGは、波長が長く肌の奥まで届くので肌が黒めの人でも対応しますが、痛むを感じやすいのが難点です。

これらの3種類の方法には、それぞれ長所と短所があり、肌質や施術部位なども考えて自分に合った施術を行う必要があります。

脱毛にかかる予算はどのくらいを目安にすれば良いか

脱毛にかかる予算は人それぞれ相違するため、一概にこのくらいという目安は算出できませんが、確実にいえることは、自分が目安とする予算よりも多目に準備しておいた方が望ましいということです。

もちろん、目安よりも安く抑えられるに越したことはありませんが、脱毛の施術の進行具合や効果は受けてみないと分からない部分も多く、さらに万が一のキャンセルや、内容や回数の変更なども考慮すると、やはり多目に費用がかかることを予想しておいた方が良いでしょう。

施術をする箇所によって必要な費用は大きく変わります

また、どこの箇所を対象にするかによっても、かかる費用は変わってきます。たとえば、体の一部分なのか全身なのか、施術しやすい腕や足なのか、繊細な技術を要するデリケートゾーン周辺なのかなどが挙げられます。

サロンやクリニックによって、各施術のコースやメニューに関する価格が提示されているため、自分がどの施術を受けるかを明確にし、かつ担当の医師やスタッフなどとよく話し合った上で、予算を決めるようにしましょう。

ネット等の情報だけに頼らず直接サロンのカウンセリング行くのが大切

予算の決め方の条件を集めるに当たって、ネットや書籍の情報を参考にすることも有効です。特に体験者の意見は貴重であり、自分が受けようとしている施術を受けた体験者の情報を得ることで、おおよその費用を算出することができます。

ただ、先述したように施術の内容や回数などは人それぞれで異なる可能性があるため、ネットや書籍の情報を鵜呑みにするのではなく、あくまで参考程度にとどめておくことが大切です。

まずはカウンセリングからはじめよう!神戸の脱毛サロンまとめ