脱毛をする時にはどんな施術をするのか、エステサロンでもクリニックでも説明はしてくれます。サロンであればそれほど痛いと思うことなく施術ができるのですが、クリニックでレーザー脱毛をしてもらうときには、想像以上の痛みを感じるという人が大半です。よくゴムではじいたような痛みと表現されますが、それを超える痛みを感じることもあります。

特に強い痛みを感じるのは、毛が濃い部分

脇毛やVIOなどは濃く太い毛が多いため、よくレーザー光が反応します。

その分だけ、痛みも強く感じるのです。基本的にはサロンやクリニックでは薬などは飲まないようにと言われることが多いのですが、あまりにも施術が痛くて耐えられないという時には、クリニックであれば照射レベルを弱くしたり、場合によっては痛み止めを使ってくれることもあります。ただしこの痛み止めは有料になりますので、使うかどうかは自分のお財布とも相談しておかなくてはなりません。

照射レベルを下げると脱毛効果も下がってしまうケースも

痛み止めを使わずに照射レベルを下げるという選択をする方もいるのですが、威力を弱めるということはそれだけ脱毛する力が弱くなるということになりますので、結果的に必要な通う回数が増え、お金と時間もかかってしまうと言うことになります。段々と毛が減って薄くなれば痛みも感じにくくなってくるので、無理のない程度に照射をしてもらいましょう。

無駄なく脱毛をするためには、痛みはある程度はあるものと覚悟を決めて頑張りましょう。

クリニックとエステティックサロンの脱毛の違いとは何か?

「脱毛とは何か?」という質問をすると、クリニック、エステなど、さまざまなところをイメージする人が多いと思います。しかし、種類がいろいろとあり、施術を行う場所によっても定義が異なっています。

永久脱毛を行えるのが「クリニック」のみ

まず、クリニックで行う場合、医療レーザー機を使う場合が多く、これは医療行為に当たるため、医師が行う必要があります。「永久脱毛とは何か?」という質問に対して、すぐに回答できる人は少ないかもしれませんが、これは医療行為として行うもので、クリニックなどの医療機関でしか行えないことになっています。

一方、エステティックサロンでは、光脱毛と呼ばれる施術を行っているところが大半です。毛をなくしたい箇所に対して、カメラのフラッシュを当てるように機器を当て、光を照射することで、毛根を焼く施術です。

光を照射するタイプの場合、複数回エステティックサロンに通う必要がありますが、メリットもあります。

エステサロンは敏感肌の人や料金が気になる人に向いています

まず、医療レーザーに比べて光照射の方が痛みが少なくてすみ、敏感肌の人や初心者の場合でも安心して施術を受けることができます。また、光照射の方が価格がリーズナブルなことが多く、気軽に始められるというメリットもあります。

脱毛の効果という点では、医療レーザーに軍配が上がりますが、光照射のテクノロジーも向上を続けており、より効率的に施術を受けられるように改善が行われています。さまざまな要望やニーズに応じて、クリニックとエステティックサロンを選ぶことができます。

リーズナブルな価格で通える!神戸の格安脱毛サロンをチェックする