ほくろの毛の脱毛方法は限られてしまいます。一般的なサロンや皮膚科での脱毛は、強さの違いはあってもレーザーを使用します。レーザーはメラニンに反応する性質を利用して毛根細胞を破壊、または大きなダメージを与えることにより、毛が生えなくします。

ほくろ自体にレーザーを当てると火傷を起こし肌にも大ダメージ

しかし、メラニン色素を含んだ細胞の塊であるほくろにレーザーを照射すると、火傷をする可能性が高く、お肌にも大きなダメージを与えてしまいます。ほくろの脱毛にはほくろ自体を消す炭酸ガスレーザーと絶縁針があります。

炭酸ガスレーザーは、メラニンを含めた黒い部分をレーザーで蒸散、除去するもので、治療後は皮膚は再生します。表面的なものであれば除去は可能ですが、複数回の施術が必要な場合や完全に取り切れないこともあります。絶縁針は、美容外科や皮膚科で古くから使われている脱毛方法です。

電気を流す絶縁針は強烈な痛みを伴い、料金も高額に

毛穴の一つ一つに針を刺して、電気を流すことにより、にある細胞を破壊するというものです。皮膚に触れる部分にはコーティングが施され、患部以外には電気が流れないような特殊な針が使用されています。

強烈な痛みを伴い、施術料金も高額ですが、他ではできない永久的な脱毛ができます。強烈な痛みと言っても、多くの医院では、施術時に麻酔クリームなどを使用し、痛みを軽減するような措置が取られていますので、心配する必要はないでしょう。施術前の説明時に確認しておくと安心ですね。

ほくろの部分だけであれば、それほどの時間もかからないようです。

プロの手を借りた脱毛施術の仕組みってどんなもの?

日々の暮らしの中で美を追究する上では無駄のお手入れは欠かせないもの。しかし仕事や家事などで忙しい中で自己脱毛を続けるのは大変面倒ですし、ひとつ間違うと肌の炎症や埋没毛などが生じるリスクもあります。ここはそう言ったリスクを回避する上でも神戸にある脱毛エステサロンやクリニックを活用すると安心です。

脱毛は手軽にできるカミソリからエステに通う方法まで幅広くあります

これらの脱毛の仕組みには様々なものがあります。エステではワックスやジェルを用いる施術もよく知られ、ムダ毛をワックスで布に付着させて勢いよく剝ぎ取る方法は安価な点でも人気。

一方、ジェルを毛穴から浸透させて直接毛根に触れることによって組織にダメージを与える手法は痛みも少ないことから人気が広がっています。

エステのフラッシュ脱毛について

また、エステではレーザーやフラッシュを用いた脱毛法も人気。これらは専用機器から照射された光のエネルギーが皮膚表面を透過して毛根が持つ黒いメラニン色素と反応することで瞬間的に温度を高めて組織を破壊するという仕組みを持っています。

これには施術中の痛みも伴うものの、一度に広範囲に向けてダメージを及ぼすことができる点で非常に効率が良いものと言えるでしょう。

クリニックの医療レーザーやニードルもあります

クリニックにおける医療レーザー脱毛も基本的にはこれと同じ仕組みを持ちますが、しかし医療行為ということもあり極めて高い出力での照射が可能となり、毛根へのダメージ効果も際立ったものとなります。

さらに微量の電流を帯びた細い針を毛穴に刺して手作業にて毛根を破壊していくニードル施術もその効果の高さから人気を集めています。